ジャパンネット銀行のネットキャッシングの3つの特徴

ネット銀行のカードローンは楽天銀行スーパーローンが有名ですが、最近ではジャパンネット銀行のネットキャッシングを利用する人が増えてきています。そこでジャパンネット銀行のネットキャッシングはどのような特徴があるのか見ていく事にしましょう。

お金を借りる

・限度額が最大1000万円まで

銀行カードローンの限度額は最大800万円までになっている事が多いですが、ジャパンネット銀行のネットキャッシングは最大1000万円までになっています。多額の借り入れをする時でもしっかり対応してくれます。

・申し込みはWEB完結

ジャパンネット銀行のネットキャッシングはネット銀行のカードローンなので申し込みはWEB完結になります。ホームページ上で申し込みから契約手続きが完了して借入方法も振込キャッシングになります。

・初回30日間無利息

ジャパンネット銀行のネットキャッシングは上限金利が18%で設定されているので他の銀行カードローンに比べて高金利になっています。しかし初めて利用する時に無利息サービスが適用されて30日間無利息でお金を借りる事が出来ます。それで加算される利息が少なくなり返済する時の負担が軽減されるのでメリットに感じる人も多いです。しかしサービス期間が終了すると18%の金利で利息が加算されていくので借り過ぎには注意しましょう。

キャッシングするときの限度額について。

申し込みが終わり審査も通り、いよいよ借り入れできる!となっても心配なのは限度額。

その人の職種や収入によっても借り入れられる限度額は違うのです。
http://www.tropicalstkitts-nevis.com/

『総量規制』と言うものがあり、その規制のおかげで年収の三分の一以上の借入はできなくなってしまいました。

この規制は、キャッシング会社を変えても関係なく、全部含めた計算になります。

なので、簡単に言うと年収が300万円だとして、他社で100万円借入があったらもうどこでも借入できないと言うことになります。

中には総量規制の対象外のところもあります。

例えばおまとめローンを引き受けているようなところで、銀行系のカードローンです。

普通の金融会社では、まず総量規制は必ず存在するので計算して申し込みしないと審査に通らず、その結果が残ってしまうため半年はどこのローンも通らなくなります。