森林浴はなぜ身体、心に良いのか。

気候が温かくなると散歩に出かけたくなりませんか?出かけるのならもっと健康になる森林浴はいかがでしょうか?

ヴィオテラスCセラムは市販で購入可能?私の口コミと効果を暴露!

森林浴とは森林内歩行に特化した気候性地形療法大気浴の一つです。1982年秋山智英氏が「海水浴」「日光浴」「温泉浴」などといったものと同じで療養の効果があると提唱し、考案しました。しかし、当時科学的根拠は分からず精神的なものが大きいとされていました。

1930年ロシアで、樹木が発散するフィトンチッドという揮発性物質が見つかりました。この物質は植物の自己防衛の為殺菌力を持つ化学物質です。それだけでなく森の香り成分であることから癒しや安らぎの効能もあると明らかにされました。当時の日本は戦争でそれどころではなかったと思います。やっと余裕を持って癒しや安らぎのことを考えられるようになるまで約50年かかりました。また、日本ではフィトンチッドという物質は殺菌力を持つだけで他の効能が重要視されなかったのではないかと私は思いました。

本当に科学的根拠があるのか2000年代になると大がかりな実験が行われました。2005年都市部のサラリーマンを対象とした実験では2泊3日の森林浴で採血、採尿を調査しました。その結果、免疫機能の向上させるNK細胞が大幅に活性したことが確認されました。翌年、比較実験のため行先を都市部に変え同じ調査をしたところNK細胞の変化が見られませんでした。この二つの実験結果から森林環境での免疫機能向上が立証され、さらに実験後30日後もNK細胞活性が一定継続していることが判明しました。森林浴で健康増進、その持続効果が明らかにされました。現在がん予防、健康増進などの活用法が研究されています。

貴方も森林浴を習慣にして疲れやストレスを溜めないで気持ちをリフレッシュしましょう。

食物繊維でお肌の悩み解決?!

美容というと外からお手入れすることがわかりやすいかと思いますが、実は体の中からも改善できることがあります。

それは腸内環境をきれいにすること。そう美腸にすることで肌がきれいになり美肌になります。シロジャム

腸内環境と美肌。どういう関連があるかというと、それには食物繊維がかかわってきます。食物繊維はゲル状で粘着性があることと、水分を含むと膨らむ性質があります。

まず、粘着性で腸にある余分な(吸収されないで残っている)糖や、脂・塩などを吸着して排出してくれます。それと同時に腸にたまっている有害物質や腐敗物質も一緒に排出してくれます。また、膨らむ性質で腸内の壁を刺激しながら進むためお通じを促します。つまり腸内をきれいにしてくれます。

腸に残っている有害物質などは身体に吸収されて血管へ入り身体中をめぐります。それにより肌へも影響をもたらすのです。そのため腸内環境を整えることで美腸になり有害物質も排出されて残らなければ吸収されることもなく肌のトラブルもなくなります。食物繊維は腸内をゆっくり進むので食事の順番では始めにためたほうが効果が発揮されます。食物繊維が豊富な野菜などは前菜のように摂取し、ごはんや肉・魚などのメイン物はその後に摂取することをお薦めいたします。

「食べる美容液」で春から紫外線対策!おすすめレシピ

紫外線は3月頃から増え始め、冬の寒さで乾燥した肌にダメージを与えます。そのため、日差しが強くなる夏に向けて、肌を整えていくことが大切です。

ハクアージュの最安通販サイトは?3ヶ月使った口コミ&効果を暴露!

貴方は日焼け止めを塗っているから大丈夫と安心していませんか。いいえ、それだけでは足りません。日ごろの食事でケアすることも大切なのです。

紫外線対策にぴったりなのは抗酸化成分です。抗酸化成分を持つビタミンA・C・Eを豊富に摂ることで、しみやそばかすを防ぐことができます。

春は暖かくなり、アウトドアに最適な季節です。抗酸化成分を日頃の食事に取り入れて、肌ケアを行いましょう。

「えびとほうれん草のトマト豆乳パスタ」

良質なたんぱく質が豊富なえびと、手作りソースで作るヘルシーパスタです。

材料は、殻付きのえび8尾・ほうれん草100g・ブロッコリー30g・みじん切りのにんにく1片・オリーブ油小さじ1・スパゲティー140g・白ワイン大匙1/2・トマトピューレ大さじ3・調製豆乳75cc・顆粒コンソメ小さじ1/2・塩少々・黒こしょう少々です。

えびを真水で洗い、背わたを取ります。背わたを取った後も真水でしっかり洗いましょう。

塩少々を加えた熱湯に、小房に分けたブロッコリーとほうれん草を入れ、ゆでます。ゆで終わったら、ほうれん草は長さ3cmに切り、水気を切ります。

フライパンに、オリーブ油とにんにくを加えて弱火で加熱します。香りが出るまで行いましょう。その後、えびを加えて、色が変わるまで加熱してから、火を止めて白ワインを加えます。

アルコールが飛ぶまで中火で加熱します。その後、ブロッコリー・ほうれん草を加えて、軽く炒めましょう。

トマトピューレ・コンソメ・豆乳を加えてから、塩と黒こしょうで味をととのえます。この時、タイミングを見て、スパゲティーをゆでておきましょう。

ゆでたスパゲティーと炒めたものを盛り付けて完成です。豆乳を使っているから、優しい味に仕上がりそうですね。

シミがたくさん出てきた!

最近は、乾燥が酷くて紫外線対策まで気が回らない日々が続いていました。コロナウイルスの影響で、マスクをするのは必須で、まあ日焼け止めは塗らなくていっかと思う日が続きました。

まあ、そしたら急に、シミが増えた気がします。http://www.cinecim.com/

シミってこんな急に増えるのか疑うくらい、たくさんのシミが出てしまいました。かなしいです。

日焼け止めは塗らなくて冬でもちゃんと塗らないといけないと思いました。

日焼け止めって、少ない量だと意味がないんですよね。でもたくさん塗るのも、ベタベタするし化粧崩れは酷くて苦手です。

お高い日焼け止めを塗ってたら、こんなにシミが出ることもなく、塗る量も適切に使えたのかなと思うと悔いても悔やみきれないです。

できてしまったシミは、レーザーで焼くしかないんでしたっけ。きっと、ドラッグストアで売っているような美白を謳った製品使っても、シミは改善しないですよね。

ほんとに、以前から日焼け止めにお金をかけておけばよかった。

気休め程度かもしれないけど、お高めの美白スキンケアとサプリメントを一から揃えてみようかなと思っています。

皆さんは、私のようにならないように、日頃からスキンケアにお金を惜しまず使うようにしてくださいね。

さらば!ほうれい線!!

20代後半からほうれい線が気になっていた私は、20代は見ないことにしていました。

30代になってからは、若干深くなったことでそろそろどうにかしないとと思い

40代になってから、初めてほうれい線と、とことん向かい合いました。

やっぱり効果なし?シロジャムを購入して3ヶ月間使った私の口コミ&評価!

具体的には、まずはほうれい線の原因を探ってみました。

ほうれい線は、単純に肌の乾燥だと思っていたのですが、それだけではありませんでした。

顔のコリや筋肉の緩み、そして側頭部のコリなどが原因であることを知りました。

私の場合、パソコン作業で相当に目を酷使し、気付くと目の周り、こめかみ、側頭部のコリが酷いことが分かりました。

肌の乾燥にはシートパックが有効だと知り、お風呂上がりには必ずパックをしました。

顔のコリは、最初は自分でマッサージしていましたが、手が疲れて続かないので

顔マッサージの美顔器を購入しました。そこまで高いものではありませんが、ヘッドを変えると頭部マッサージもできるものでした。

面倒くさがりな私は、その美顔器を2個購入し、二つ同時に稼働させ、両頬、両側頭部に当てるようにしました。

最初は少し難しく感じましたが、すぐに慣れ、入浴時のルーティンに組み入れました。

すると・・・・

あれだけ深かったほうれい線が改善されたのです!

そして、顔や側頭部のコリがとれ、目覚めがスッキリするようになったのです。

諦めずに始めて良かったと毎日感じています。

朝の鏡を見るのがとても楽しみです!

自分の肌が健康になっている気がする

私はブルドック顔が嫌で毎日毎日頬をあげています。なかなかブルドック顔がなおりませんので毎日のように頬をあげているのですがなかなかもと通りにはならなくて困っています。最近子供にほっぺをさわられて、「ままこんなにぷっくりしてるね」といわれてしまいました。

シロジャムは効果なし?手タレが愛用するハンドケアの口コミを徹底検証

なかなかそういわれてしまうとものすごく傷つきます。それでもなかなか思うようにはいきませんので毎回あぁ、と言う感じで悲しくなってしまうのです。正直なかなか気持ちにゆとりがなっからかわかりませんがどうしようもないことが多いですしどうすることもできないと言うことが多い気がしています。

それでもブルドック顔は進行していってしまいますのでどうすることもできません。もうこの際ずっとマスクをしようかとも思っています。けれどもなかなかそれはできませんから困っています。最近では新型ウイルスのことなどでマスクをつけている人も多いですがそれはそれで私も助かっているところがあります。

ただ実際のところなかなかマスクだけではどうすることもできないと言うのが本音です。なかなか頬が上がらずどんどんシワが増えていくことが辛いです。正直子供がいるとしんどいですし辛いことが多いです。

冬のためというのもありますが……

自分は冬になると、肌のひび割れやカサカサがひどい傾向にあります。

もっとも結論から言うと、原因は手の洗いすぎなのでしょうが、それでも「汚れた」と感じると手を洗ってしまう傾向があるため……。

繊維質の細かいタオルやストッキングなどは手の角質が引っかかって、時には伝線してしまうこともあるくらいなので。

問題はその手を洗うことで、どうやったら手の脂分が逃げてしまうかというのを身内で「しっかり」理解している人がいないことでしょうか。

三者三様のような意見で、どんな方法が手の脂分を逃がしにくいかというかがしっかり把握できないというものがあります。

一部ではお湯での手洗いが危険ということですが、この冬という四季はどうにも水での手洗いが冷たく、お湯に頼ってしまうものがあります。

むしろ水での手洗いがひび割れを促進すると感じていたので。

一応保湿クリーム(ダイソーですが……)を塗ってはいますが、ほとんど時間のたたないうちに手を洗ってしまうのが自分という困りものですか。

どうやったらそこまで汚れなどを気にしないか、いいアドバイスというのが欲しいものです。

どうやって水分を逃がさないか、どうやって潤いを守るか。少し遅いかもしれませんが、その辺の予防策をご希望いたします。

ニキビは甘くみず、医療機関にかかるのがオススメです。

学生の方、社会人の方、年齢に関わらず、お肌のトラブルの代表格の一つが「ニキビ」です。出来てしまったニキビをついついいじってしましい、掻いたり潰したりしてしまったことはないでしょうか。ニキビをいじるのは絶対にNGです。ニキビは触っていはいけません。

 そんな厄介なニキビですが、放っておいてもすぐには良くなりません。今回のテーマはニキビの治療についてです。一般的にニキビは誰にでもなりやすいため、時間が解決してくれると甘くみがちです。市販の薬などを試してみることは多いと思いますが、ここではっきりお伝えしたいことは、ニキビはまず病院で診てもらうことがベストであるということです。病院でニキビを診てもらうことにはいくつかのメリットがあります。

 まず、一つ目ですが、それが本当にニキビなのかがはっきりします。ニキビだと思って市販の薬を使っていたもののなかなか良くならないという人は、実はニキビではないことがあります。実際には、虫刺されやアトピーによる湿疹であることもあり、正しい診断を受けることが大切です。

 二つ目ですが、より治りやすい薬が手に入るということです。薬にはそれぞれ成分や配合量が異なりますが、一般的な市販の薬は医師の診断を行わないため、比較的効果が低い薬が多いです。病院で処方される薬はそういった成分や配合量に優れているため、より速く効きます。また、保険が適用されるのでより安く入手することができます。これらのメリットからぜひ、ニキビは病院でまず診てもらうことをおすすめします。

ニキビは手入れのしすぎが原因かも

どんなケア用品を試してもニキビが消えないという方は、もしかするとケアのしすぎが原因かもしれません。一見お肌を念入りに手入れした方が綺麗になる気がしますが、間違ったお手入れをすると肌に負担をかけニキビが増えてしまうのです。

まず、クレンジングオイルやピーリングジェルなど、一度の洗顔で複数の洗浄ケアを行なっていないでしょうか。本来、優しく泡洗顔すれば肌に不要な汚れはほとんど落とすことができます。洗顔後は前までの角質が剥がれ、デリケートな状態になっています。

そこをさらに擦ったりして肌に良い成分まで落としてしまうのはあまりおすすめできません。洗いすぎると肌が乾燥してしまい、身体は潤いを保とうとして余計に皮脂を出そうとします。そのため、必要以上に分泌された脂がニキビの原因になってしまうのです。

特に、ピーリングジェルなどは週2,3回程度が適当とされているので、毎日使っている方は要注意です。洗顔後は、優しく押し込むようにして化粧水や乳液などの保湿成分で肌を守ってあげましょう。そうすることでコンディションが良くなります。ニキビは皮脂汚れが原因と思われがちですが、洗いすぎで分泌された脂で増えることもあるのです。

赤ニキビの原因とできたときの対処法

洗顔をしているときに鏡をみて、肌の状態をチェックすると思います。その時に顔にポツンと赤みを帯びたできものがあったことはありませんか?いわゆる赤ニキビです。

赤ニキビとは、毛穴に細菌や皮膚の分泌物が詰まって炎症した状態を指します。初めは毛穴が白く、毛穴のまわりの皮膚が盛り上がっていますが、炎症がすすむと皮膚が盛り上がった箇所が全体的に赤く熱を帯びるようになるのです。

赤ニキビの原因は、皮脂の過剰分泌や生活習慣の乱れ、ストレス、女性だとホルモンの関係で生理前後にできやすくなります。

赤ニキビができるとピリピリと痛むだけでなく、周囲の人間にも気づかれやすく、ジロジロ顔を見られたくない、恥ずかしいと思う人も少なからずいらっしゃいます。

炎症を起こしている状態のニキビを治すには、生活習慣の見直しと皮膚科受診が効果的です。生活習慣の見直しは、例えば脂っこいものや糖分の多い食事を食べ過ぎないようにする、良質な睡眠時間の確保などがあります。皮膚科受診の場合は、その人の肌に合った塗り薬や飲み薬を出してくれ、赤ニキビの治りは早いです。

赤ニキビで悩むより、1日でも早く肌の悩みから解消された生活を送れるようにしていきましょう。