赤ニキビの原因とできたときの対処法

洗顔をしているときに鏡をみて、肌の状態をチェックすると思います。その時に顔にポツンと赤みを帯びたできものがあったことはありませんか?いわゆる赤ニキビです。

赤ニキビとは、毛穴に細菌や皮膚の分泌物が詰まって炎症した状態を指します。初めは毛穴が白く、毛穴のまわりの皮膚が盛り上がっていますが、炎症がすすむと皮膚が盛り上がった箇所が全体的に赤く熱を帯びるようになるのです。

赤ニキビの原因は、皮脂の過剰分泌や生活習慣の乱れ、ストレス、女性だとホルモンの関係で生理前後にできやすくなります。

赤ニキビができるとピリピリと痛むだけでなく、周囲の人間にも気づかれやすく、ジロジロ顔を見られたくない、恥ずかしいと思う人も少なからずいらっしゃいます。

炎症を起こしている状態のニキビを治すには、生活習慣の見直しと皮膚科受診が効果的です。生活習慣の見直しは、例えば脂っこいものや糖分の多い食事を食べ過ぎないようにする、良質な睡眠時間の確保などがあります。皮膚科受診の場合は、その人の肌に合った塗り薬や飲み薬を出してくれ、赤ニキビの治りは早いです。

赤ニキビで悩むより、1日でも早く肌の悩みから解消された生活を送れるようにしていきましょう。