おばちゃんでも腹筋割りたい!

子供の頃はスポーツが得意で、水泳をしていたこともあり、自分で言うのは何ですが、スレンダーボディだった私。
妊娠中は20キロも太り、二度目の妊娠時の腹囲は1mを超えていました。
どうなるのかと思いましたが、母乳で育てていたこともあり、出産1年後には元通り。

http://www.manyhappyreturnsidp.com/

まだ若かったからでしょう。
子育ては体力勝負と言いますが、元々スポーツが大好きだった私は、子育てしながらママさんバレーボールを始めました。
ご近所の奥さんたちで結成されたチームで、子供たちもお友達。
あまりの楽しさにのめり込み過ぎて、週3の練習にも張り切って参加していました。
ママさんバレーを続けている間は、筋肉もそれなりにあり、太るということはありませんでした。
体調不良から、10年以上続けたバレーボールを辞めた途端、いつも通りに食べてたらどんどん太り出して。。。

特にお腹周りが!
これはヤバイ!!と思い、体調が少し落ち着いてからジムに入会。
ジムなら誰かに合わせる必要もなく、自分のペースで運動できると思い、簡単に考えてました。
が・・・今までみんなで楽しくワイワイやってきた運動とは違って、筋トレやマシントレーニングは己との闘い!
すぐに効果が出るはずもなく、モチベーションを維持するのは大変でした。
年齢も年齢ですから、筋トレ中に頭がクラクラ~ 何度か目が回った事もあります。
これはいかん!!と、筋トレやマシントレーニングはしばらく休み、レッスンルームでヨガを習い始めました。

食にも気をつけてはいましたが、ヨガだけでは効果は上がりません。
それでも何とかそれ以上になることがないよう、自分なりにもがいてました。
SNSなどで同年代の方でスタイルの良い人を見ると、「自分のああなりたい・・・」「おばちゃんでも腹筋割りたい!」
なんて思うようになり、自宅でも地道にゆるりと筋トレ。
そうこうしてるとコロナで、ジムも退会せざるを得なくなりました。

ここで元に戻るわけにはいかない!と思い、YouTubeなどの動画を観ながら運動の日々。
今では腹筋こそ割れてませんが、履けなくなったジーンズもするりと入るようになりました。
継続は力なり! 中学の時、国語の先生がいつもおっしゃってた言葉。
今は身に染みて感じてます。 年齢を重ねても、代謝が悪くなっても、コツコツ続けていればいつかは腹筋も割れるかも。。。
そんな日を夢見て今日もゆるりと筋トレ頑張ってます。