必要なのは階段だけ! 昇降トレーニング

運動には、糖尿病や高血圧の改善、体の老化を抑制、メンタルの安定化など、万能薬のような効果があります。
しかしながら、運動のメリットは知っていても「毎日ジムに行く時間やマラソンなどを続けられるようなモチベーションなんて無い」という方は多いのではないでしょうか?
今回は、普段から運動をする習慣のない方々にこそおすすめしたい階段昇降トレーニングについて紹介していきたいと思います。

http://www.residencessugarbeach.com/

階段昇降トレーニングは、階段を上り下りするだけのいつでもどこでもできる下半身を鍛える運動です。
なぜ、下半身を鍛えるのかというと、おしりやふともも、ふくらはぎなどにある筋肉が体の中でも大きい部類に入るからです。
筋肉が大きいということは、カロリーを消費し易く、鍛えれば多くの筋肉を得ることができます。
つまり、筋肉量が増えれば自然と基礎代謝が増え、痩せやすく太りにくい体になる訳です。
また、下半身が鍛えられると、立ち仕事が続いても疲れにくくなったり、重たいものを床から持ち上げる時にとっさの力が出やすくなるなどの恩恵があります。
ただし、漫然と階段を上り下りしているだけでは、週に70分以上続けないと効果が出ないという研究結果があります。
より効率的に運動のメリットを得るためには、これに高負荷の運動と低負荷の運動を繰り返すインターバル・トレーニングの仕組みを取り入れる必要があります。

まずは、できるだけ早く1分間に階段の昇降を繰り返し、その後、ゆっくり1分間の昇降を繰り返す運動を3セット行ってみましょう。
運動習慣のない人がこれを6週間続けた結果、最大酸素摂取量が7%増加したという実験結果があります。
上記のトレーニングを行った後は、出来るだけ早い階段昇降を20秒、ゆっくりの階段昇降を20秒のセットを30分行います。
これを6週間続けた結果、最大酸素摂取量が12%増加したという実験結果があります。
これは、同じく週にジムのエアロバイクを30分間休まずに漕ぎ続ける運動を6週間続けた人と同じ体力の上昇値に至ります。
ハードな運動を習慣にしている人でなければペースを落とさずにエアロバイクを30分間こぎ続けるのは困難です。
やはり、運動初心者の方は、インターバル・トレーニングを組み込んだ昇降トレーニングを行うことが現実的だと言えるでしょう。